スポーツトラベラーKANA 世界を旅する世界一

このブログでは、私が旅して必要だと思ったこと、現地の情報、これからしていく旅についてお話ししていきます。2017.9~世界一周予定🌏

年越し旅行【ロンドン編】 ロンドンの年越しを実況中継~

こんにちわ

 

スポーツトラベラーKANです。

 

 

f:id:kana656zin:20170118152523j:plain

 

 

 

 数回に分けて、

 

 

年越し旅行行ってきた、

 

1.上海

2.ロンドン(イギリス)

3.パリ(フランス)

4.モンサンミッシェル(フランス)

5.デン・ハーグ(オランダ)

6.アムステルダム(オランダ)

 

 

についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 今回は、

 

2.ロンドン(イギリス)

 

についてお話ししていきたいと思います!

 

 

 

 

ロンドンは、

 

30日の夕方に到着し、1日の朝には

フランスに向かったので、

 

1.5日くらいしかいなかったのですが、

 

今回のメインイベント

 

 

『年越し』

 

 

があったので、かなり私の記憶には

色濃く残っています。

 

 

では、ロンドンのことを話していきたいと思います。

 

 

ロンドンの年越し情報は、意外とないので、

 

来年にでも、年越しいってみようかな

 

って人には、耳よりの情報かもしれません。

 

 

 

まず、準備段階から。

 

 

ロンドンの年越しイベントは、

 

毎年多くの人が訪れる、イギリスにとっての一大イベントです。

 

 

 

なので、混乱を防ぐために、

 

数年前から、

 

 

イベントや花火がきれいに見えるエリアは、

 

有料エリアとして、

チケットがないと、入ることができません。

 

 

なので、このチケットを、最初に入手することが

先決です。

 

 

これが、ないと、ロンドンの年越しは、

半分も楽しめないかもしれません。

 

 

そして、英語が苦手な日本人には

結構なハードルなのですが、

 

 

このチケット、わたしが知っている中では、

英語の現地サイトでしか売っていません。

 

 

なので、行きたい人は、

 

 

日本の高額なツアーに申し込むか、

 

現地のチケットサイトで予約するしかありません。

 

 

でも、現地のサイトでも、予約は

そんなに難しくないので、

 

やり方さえ、わかってしまえば、大丈夫だと思います。

 

 

なので、ロンドンの年越しに行く人は、半年前くらいから、

年越しチケットが、発売されるのがいつなのか。

 

 

これをしっかりと、チェックしておく必要があります。

 

 

 

 

まあ、前置きは、この辺にしておいて、

実際にロンドンの年越しは、どうだったのか

お話ししていきたいと思います。

 

 

 

ロンドンに到着したのは、30日の18時頃。

 

正直、上海を30日の13時に出たので、

時差で、もう、何時かわからない状況でした。w

 

 

飛行機には、

 

13時間ほど乗っていた計算になります。

 

 

 

着いてからは、地下鉄で、ロンドン市街まで

向かいました。

 

 

 

ロンドンの地下鉄も結構治安がよろしくないようで、

 

 

駅によっては、ホームレスやチンピラがたむろしていた

場所もありました。

 

 

ですが、おとなしくしていれば、

べつに何もしてこないので、

 

特に問題はありませんでした。

 

 

 6時についたのですが、

 

なんだかんだでホテルについたのは、

 

9時すぎ。

 

 

結構、疲れていたので、その日は、スーパーで

サラダと、ワインとサーモンを買ってホテルで食べました。

 

f:id:kana656zin:20170118192430j:plain

 

 

 

2日目

 

この日は1日で、ロンドンの街をできるだけ

網羅しようということで、なるべく早く動きだすことに。

 

まずは、ホテルの朝食を食べました。

 

 

 

ホテルの朝食は、

 

イングリッシュブレックファースト

 

でした。

 

 

なんか、前回来たときが、

すごく懐かしくなりました。

 

朝ご飯をゆっくり食べているときが、

 

 

 

一番の幸せな時間かもしれません。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118194552j:plain

 

 

 

そして、食べ終わって、一息した

9時頃から動き出しました。

 

 

 

まずは、

 

ウエストミンスター寺院】

 

ホテルから歩いて10分くらいでした。

 

f:id:kana656zin:20170118191645j:plain

 

中にも入って、見ると、たまたまミサが始まったので

 

ちょっとだけ参加してみることに。

 

f:id:kana656zin:20170118192124j:plain

 

 

でも、さすがになんて言っているか

わからなくて、

 

 

すぐさま、退出してしましました。

 

 

 

でも、とてもいい経験でした。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118191943j:plain

 

内部は、石作で、かなり豪華なつくりでした。

 

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118192112j:plain

 

 

 

ここを軽く観光して、さっそく、

 

ビックベンに向かうことに。

 

 

そこから歩いて10分ほどで、

ビックベンにも着きました。

 

 

 

ビックベンの周りには、歴史的建物が

 

そこらかしこに、転がっています。

 

こちらにも、

 

ウエストミンスター寺院】

 

があります。

 

f:id:kana656zin:20170118192718j:plain

 

 

そして、その横に、ロンドンといえばこれ。

 

 

っていう代名詞の

 

ビッグ・ベン

 

f:id:kana656zin:20170118193231j:plain

 

 

 ちょっとキリがかかっていたのですが、存在感は半端ないです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118193534j:plain

 

 

近くには、有名な観覧車

 

【ロンドン・アイ】

 

 

があります。

f:id:kana656zin:20170118193547j:plain

 

 かなり寒かったです。

 

この写真からも、寒さが伝わってくると思います。

 

 

 

そのあとは、川沿いを歩いて、

 

年越しのチケットエリアの下見をして、

 

f:id:kana656zin:20170118193744j:plain

 

 

有名絵画がたくさん貯蔵してある

 

 

【ナショナルギャラリー】

 

 

へ向かいます。

 

 

 

ナショナルギャラリーは入場するのに、

 

お金がかかりません。

 

 

つまり、無料の美術館なのです。

 

 

イギリスは芸術にかなり力を入れており、

 

ほとんどの美術館で、

 

入場料が無料です。

 

 

 

ちょっと興味がない人でも、

 

無料なら、ちょっといってみよう!

 

 

ってなりますよね!

 

 

 

ナショナルギャラリーは、

芸術が全然わからない人でも

 

教科書でみたことある作品が

かなりあるので、

 

結構楽しめると思います。

 

ナショナルギャラリーの前は、広場に

なっています。

 

 

f:id:kana656zin:20170118194934j:plain

 

 

 

 

 

この真ん中にあるモニュメントが目印です。

 

 

中に入ると、絵画がところせましとあります。

 

 

f:id:kana656zin:20170118200353j:plain

作:ターナー

 

f:id:kana656zin:20170118200335j:plain

 

作:ターナー

 

 

 

有名どころでは、ゴッホ

 

f:id:kana656zin:20170118200539j:plain

f:id:kana656zin:20170118200529j:plain

 

 

点描画の巨匠、スーラ

f:id:kana656zin:20170118200600j:plain

 

 

印象派の代名詞、モネ

 

f:id:kana656zin:20170118200616j:plain

 

有名絵画がたくさんありました。

 

 

美術科の私にとってはかなり、

わくわくする内容でした。

 

ちょうどお昼になったので、

 

フィッシュ&チップスを食べるために、

近くのBARへ

 

 

f:id:kana656zin:20170118200836j:plain

 

 

ここのフィッシュ&チップスが

かなりの絶品でした。

 

f:id:kana656zin:20170118201049j:plain

 

タルタルもおいしかったんですが、

カレーソースがとってもおいしかったです。

 

 

f:id:kana656zin:20170118201118j:plain

 

f:id:kana656zin:20170118201100j:plain

 

メニューも結構あり、ハンバーガーもおいしそうでした。

 

 

1人前でも、結構な量があり、

ハンバーガーまでいく余裕はありませんでした。

 

 

その後、

 

 

大英博物館

 

 

に行きました。

 

 

こちらも、無料の博物館です。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118201517j:plain

すごい建物です。

 

f:id:kana656zin:20170118201542j:plain

 

 

中には、古代の遺跡がたくさんあります。

 

 

f:id:kana656zin:20170118201554j:plain

 

エジプトから、運ばれた

品物が、ところせましとありました。

 

f:id:kana656zin:20170118201608j:plain

 

 

イギリスの文化を紹介してあるところもありました。

 

f:id:kana656zin:20170118201622j:plain

 

中には、日本やアジアのものを紹介してある

 

ゾーンがありました。

 

そこを出たのが、ちょうど3時過ぎでした。

 

 

ロンドン時間の4時が、日本では

年越しということで

 

いったんカフェに入って、みんなに

年越しメッセージを送りました。

 

 

f:id:kana656zin:20170118202151j:plain

 

カフェラテも大きいです。

 

 

ヨーロッパのカフェで多いんですが、

 

テイクアウトと、カフェで座って飲む

コーヒーの時間が違うんです。

 

 

f:id:kana656zin:20170118202334j:plain

 

テイクアウトの方が、少しだけ

お得です。

 

温かい時期は、公園で、テイクアウトして

ゆっくりする。

 

なんてことも、おすすめです。

 

外に出たらだいぶ薄暗くなっていました。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118202543j:plain

 

カフェをでて、バッキンガム宮殿に向かいます。

 

 

 

まずは、立派な門が迎えてくれます。

 

f:id:kana656zin:20170118202554j:plain

 

 

いたるところに、王宮のマークが入っています。

 

 

f:id:kana656zin:20170118202607j:plain

 

王宮から、

 

まっすぐ道が一本通っています。

 

f:id:kana656zin:20170118202710j:plain

 

 

並木道がキレイですよね。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118202813j:plain

 

 

ライトアップされた王宮は、かなりキレイでした。

 

 

 

お土産を買いながら、

 

いったんホテルに戻りました。

 

 

5時ごろ戻って、休憩して、

 

6時ごろにまた、年越しイベントのために

 

ホテルを出ました。

 

 

 

ホテルをでて、チケットに記載のエリアまで歩いていくことに。

 

f:id:kana656zin:20170118203405j:plain

 

 7時前なのに、かなりの列が・・・・

 

 

一回帰ったのは、ミスでした。

 

 

7時から、会場がオープンのはずが、

その前から、オープンしていたみたいで、

長蛇の列になっていました。

 

 

1時間ほど並ぶと、会場に入ることが出来ました。

 

 

中に入ると、もう出ることが出来ないので、

 

ご飯を買ってから入ることに。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118205212j:plain

 

f:id:kana656zin:20170118205235j:plain

 

スーパーで買うご飯は結構ハイクオリティで、

何を食べてもかなりおいしかったです。

 

 

年越しの会場は、

 

エリアごとに分かれていて、

 

入るエントランスもチケットに記された場所でないと、

入ることができません。

 

私たちは、それを知らず、ただ、エリアのエントランスがあり、

 

適当に列があったので、そこに並んだら、

 

たまたま、チケットに指定されたエントランスだったので、

入れたのですが、入り口まで並んで、エントランスが違うよ!

 

っていわれていた人もいたので、

 

チケットに書かれているエントランスを見つけて、

列に並んで下さい。

 

 

これをミスると、かなりの時間ロスになってしまいます。

 

 

来年も同じ手法がとられるかは、わかりませんが、

2016年の年越しでは、この方法がもちいられていたので

今年の年末、イベントに参加しようと思っている方は、

 

 

 

ご注意ください!!!

 

 

中に入ると、場所取り合戦で、

最前列は、すでに埋まっていました。

 

 

私たちは、2列目に陣取って、映画を見ることに。

 

みんな立って、5時間ほど耐えている人もいたんですが、

それは、さすがにきついので、

 

座って、タブレットに入っていた映画を見ることに。

 

この待っている時間は、めっちゃ暇なので、

暇つぶしグッツを持っていくことをおススメします。

 

 

 

あと、動いていると、そんなに寒くはならないのですが、

何時間も、外で立ちっぱなしだと、かなり冷えるので、

 

防寒グッツは、多めに持っていくことをおススメします。

 

 赤く光っているのが、

ロンドン・アイです。

 

f:id:kana656zin:20170118210025j:plain

 

 

そして、右に小さく映っているのが、

 

ビッグ・ベンです。

 

時計の羅津が少しだけ見えるあれです。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170118210044j:plain

 

ここの場所に陣取って、

約3時間、かなり冷えてきたので、私たちも

立つことに。

 

それでもかなり寒かったです。

 

 

アンド人でぎゅうぎゅうなので、

 

トイレに行くのも、やっとです。

 

 

「エクスキューズミ~」

 

 

って何回いったことか。

 

かなり混雑していて、身動きが取れませんでした。

 

 

そんなこんなで、30分前くらいから、

音楽も大きくなり、

 

盛り上げるDJが声を上げ、

 

会場を盛り上げます。

 

 

 

年越しまで、あと数分になると、

国民みんなで、歌を大合唱。

 

 

イギリス国民ではないので、

なんの歌を歌っていたのかは、

わかりませんが、

 

大合唱をしていました。

 

そして、20秒前から、

カウントダウンが!

 

 

そして、10秒前になると、

全員で、カウントダウンです。

 

 

「10!」

 

「9!」

 

「8!」

 

「7!」

 

「6!」

 

「5!」

 

「4!」

 

「3!」

 

「2!」

 

「1!」

 

 

「happy new year!!!」

 

 

f:id:kana656zin:20170118222541j:plain

 

写真では、迫力が伝わりずらいのですが、

f:id:kana656zin:20170118222548j:plain

 

ロンドンアイから、花火が

バーンと上がりました!

 

 

みんなキスをしたり、音楽にのせ、体を揺らし、

ほとんどクラブ状態でした。

 

 

これ、現地のおばちゃんたちもいたので、

かなりパワフルだと思います。w

 

20分ほどで、イベントと花火は終わり、

みんな家路につきました。

 

 

この帰りがかなり大変みたいです。

 

 

年越しのこの時間は、地下鉄が無料になるので、

みんな地下鉄で帰ろうと、そっちの方向へ向かいます。

 

地下鉄に乗るのには、3時間という情報もあり、

私たちは、歩いて帰ることんおできるホテルを取りました。

 

 

でも、ほんと正解だったな。って思います。

 

 

地下鉄に乗るのは、ほんとに混んでいたし、

 

地下鉄に辿りつくことすら、困難な状態でした。

 

 

 

年越しの日だけでも、ビック・ベン近くの

ホテルを取ることをお勧めします。

 

 

ホテルは、サイトで、地図を調べ、地域を指定すると、

ホテルの宿泊金額が出てきます。

 

最安検索をすることが出来ます。

 

 

 

こちらのサイトで、検索できます↓

 

 

 

1泊1万円以下の宿も探せばあるので、

ぜひぜひ、探してみてください。

 

帰ったら、疲れ過ぎて、一瞬で寝ました。

 

 

次は、パリに移動だったので、

ホテルを7時頃出ました。

 

ロンドンは、かなり期間は短かったのですが、

凝縮された旅になりました。

 

 

明日は、フランスのモンサンミッシェルに移動編

を書いていきたいと思います。

 

 

イギリスから、フランスに移動していきます。