スポーツトラベラーKANA 世界を旅する世界一

このブログでは、私が旅して必要だと思ったこと、現地の情報、これからしていく旅についてお話ししていきます。2017.9~世界一周予定🌏

年越し旅行【モンサンミッシェル】自力でモンサンミッシェルからパリに戻ってこれるのか検証!

こんにちわ


スポーツトラベラーKANです。

 

f:id:kana656zin:20170131104736j:plain

 

 

 おいしそうな、オムレツですよね!( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

年越し旅行行ってきた、

 1.上海(中国)

kana656zin.hatenablog.com

 

2.ロンドン(イギリス)

kana656zin.hatenablog.com

 

移動編はこちら

 

kana656zin.hatenablog.com

3.モンサンミッシェル(フランス)

4.パリ(フランス)

5.デン:ハーグ(オランダ)

6.アムステルダム(オランダ)

 

 

についてお話ししていきたいと思います。













今回は、


モンサンミッシェル【フランス】

 

 




についてお話ししていきたいと思います。

 

昨日は、パスポートをなくして、

肩を落としていたのですが、

 

「朝から連絡してくれる」

 

ってことで、ホテルのデスクへ向かいました。

 

ホテルの人が、バス会社に電話をしてくれました。

 

 

「見つかったら、連絡してくれるみたい!」

 

 

 

ちょっと、ホットしました。

 

 

バスに忘れただけだから、

見つかるかなって思ってました。

 

 

でも、さすが海外。

 

 

フランス在住の日本人に聞いたら、

 

「たぶん、みつからないんじゃないかな・・・」

 

 

 

って言われました。

 

 

 

日本だと、忘れ物をしたら、

誰かにとられない限り、

 

手元に戻ってくることがほとんどです。

 

でも、フランスは結構、担当じゃないから

とか、今日はもう仕事終わりだから。

 

担当者が連絡してくれなかったから。

 

って言って、かなり、たらいまわしされて、

見つからないことがほとんどだよ!

 

 

って言われました。

 

 

かなり、肩を落としました。

 

 

落ち込みました。

 

 

 

でも、落ち込んでばかりもいれないので、

 

気を取り直して、観光することに。

 

 

まずは、朝日を見るために、

寒い中、モンサンミッシェル

 

 

もやがかかっているんですが、

浮かびあがるモンサンミッシェル

ホテルから見えました。

 

f:id:kana656zin:20170123200942j:plain

 

遠くに浮かびあがるモンサンミッシェルはキレイでした。

 

 

朝日が見たかったのですが、

さすがに、朝日はみることは出来ず、

なくなくホテルに戻ることに。

 

近くのフードコートで、朝ご飯を食べることに。

 

f:id:kana656zin:20170123201156j:plain

 

 

タルトだったんですが、

 

タルトとプリンの間のようなスイーツでした。

 

生カステラのような味でした。

 

朝ご飯を食べたら、モンサンミッシェル

 

f:id:kana656zin:20170123201422j:plain

 

日通になったら、モンサンミッシェルがすばらしい

お天気になりました。

 

モンサンミッシェルの周りの海は、

この日はほんと穏やかで、

 

空の雲が写り込んでいました。

 

 

まるで、ボリビアのウユニ塩湖みたいでした。

 

 

f:id:kana656zin:20170123201720j:plain

 

モンサンミッシェルの周りは

岩に囲まれているんですが、

 

砂岩を歩いて散策することができます。

 

 

f:id:kana656zin:20170123201846j:plain

 

 

裏のほうにいくと、普段は

みることのできない建物をみることが

できます。

 

もし、時間がある方は

そっちまで冒険することをお勧めします!

 

 

その後、モンサンミッシェルの修道院へ行くことに。

 

f:id:kana656zin:20170123202112j:plain

 

そこからは、すばらしい景色が広がります。

 

f:id:kana656zin:20170123202317j:plain

 

修道院の一番上には、

中庭があります。

 

昔、命かながら海を渡ってきた人が

ここの庭で癒しを受けたそうです。

 

f:id:kana656zin:20170123202228j:plain

 

 

中は、回廊になっています。

 

f:id:kana656zin:20170123202203j:plain

 

こちらがメインの↓教会です。

 

f:id:kana656zin:20170123202127j:plain

 

 

モンサンミッシェルを観光して、

 

バスの時間まで、時間が余ったので、

近くのシードルを販売しているお店を探し、

 

散策することに。

 

 

 

 

f:id:kana656zin:20170123202659j:plain

 

 

この日は、天気がほんとよくて、

 

お散歩が気持ちいいです。

 

お散歩中もモンサンミッシェル

眺められます。

 

f:id:kana656zin:20170123202858j:plain

 

 

 

ほんと壮大です。

 

 

近くに住宅街がありました。

 

ここに住みたい。

f:id:kana656zin:20170123202944j:plain

 

そんなこんなしていたら、日が暮れてきました。

 

f:id:kana656zin:20170123203104j:plain

 

夕やけのモンサンミッシェルを見ることができました。

 

f:id:kana656zin:20170123203115j:plain

 

この空気感を、写真でお伝えするのは、

難しいんですが、

 

ほんと、一度は訪れるべきです。

 

 

そのあと、バスに乗って、電車に乗り換え

パリに戻りました。

 

 

一筋縄では、パリにもかえしてくれません。

 

 

実は、帰りの電車が突然止まりました。

 

 

 

ある駅で、ずっと発車しないまま、

泊まっています。

 

 

なんか、フランス語でアナウンスがあっているんですが

何て言っているのか、何もわかりません。

 

みんな、アナウンスのたびに

ため息を吐くだけです。

 

でも、みんな、電車に乗ったままなので

この電車でパリに行くことは、

間違いないみたい。

 

 

でお、ずっと動かない。

 

 

なんか、係員がお水を配り始めました、

 

 

なんか、鉄道会社の不手際で止まっていること

だけは、わかりました。

 

 

なんとか動いたのが、12時前、

 

パリの駅についたのは、

1時前でした。

 

 

とにかく、地下鉄でホテルまで

移動する予定だったので、

 

地下鉄の方向に向かってみることに。

 

なんか、みんなの列についていくと、

 

 

インフォメーションにみんな向かっていく。

 

 

そこから出ている人たちはみんな

チケットみたいなのをもらっている。

 

何だろう。と思って入ってみると、

 

 

そこの駅から、目的地までの

タクシーチケットを配っているようでした。

 

 

さすが、おフランス

 

 

しっかり保障してくれました。

 

 

私たちも、目的地を教えて、

チケットをもらう。

 

 

『パリ市内か、それとも郊外なのか?』

 

チケットの種類はいくつかあるみたいで、

 

 

私たちは、パリ市内だったので、

20ユーロのタクシーチケットを

もらいました。

 

f:id:kana656zin:20170131104242j:plain

 

 

 これをタクシーのおじちゃんに渡すと、

目的地まで行ってくれました。

 

 

 

f:id:kana656zin:20170131104311j:plain

 

なんか遅延証明書みたいなのももらいました。

 

 

タクシーでホテルまでいってもらったので、

その日は何とか、ホテルにつくことが出来ました。

 

もう、一日中歩き回り、

電車に缶づめになり、

 

かなりへとへとになった一日でした。

 

f:id:kana656zin:20170131104415j:plain

 

ホテルに、ついてこの日は、早急に就寝しました。

 

 

パリ観光については、また次回くわしく

お話ししていきます!

 

 

 

 

===旅のお得情報==========

 

 【旅先のホテルをお得に検索】

 

*私も、用途にあったホテルを

探します。最安値のサイトを探して

くれるので、かなり便利です。

 

 ↓ご予約はこちらから

 

 

 

 

 【無料で豪華旅行が当たる!?】

 

*私も当たったことはありませんが、

応募しないことには、始まらないので

私も応募しました。

 

↓ 応募はこちらから